読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

国府宮はだかまつりにいってきた - 2017.2.9

国府宮のえきで電車をおりて国府宮神社こと尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)にいく。えきのにしがわになるえきまえからえきのひがしがわにある神社にいくのに、みなみがわのふみきりをまわっていくことにする。

えきまえからすぐの国府宮駅前交差点で、いきなりはだかおとこのひとたちがあらわれる。こさめもぱらつくふゆぞらのもと、はだかでねりあるいていくだ。ほかのみんながコートをきてあるいとるなかだけに、アスファルトのうえをはだかであるいていく異常さがきわだつ。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (1) 国府宮駅前交差点にし
2017.2.9 国府宮はだかまつり (2) 国府宮駅前交差点にし
(1)(2)

はだかおとこのひとたちがはこんどる、紅白のぬのをまいた棒のことを「なおいざさ」っていうらしいだけど、交差点のまんなかでこれをぐるぐるまわしたあと、垂直にたてて気勢をあげる。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (3) 国府宮駅前交差点
2017.2.9 国府宮はだかまつり (4) 国府宮駅前交差点
(3)(4)

交差点からちょこっとひがしにいってふみきりとなり、電車の通過まち。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (5) 国府宮みなみふみきり
(5)

はだかおとこのひとたちのまえをあかい電車がいく。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (6) 国府宮みなみふみきり
2017.2.9 国府宮はだかまつり (7) 国府宮みなみふみきり
2017.2.9 国府宮はだかまつり (8) 国府宮みなみふみきり
(6)(7)(8)

パノラマスーパーがいく。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (9) 国府宮みなみふみきり
(9)

さて、見物を中断。交差点からちょこっとみなみにいったとこにみつけたおこのみやきやさんで、おそいひるをとる。さすがに満員御礼。

また、ふみきりのほうにもどる。なおいざさをかついだはだかおことのひとたちのくみが、つぎからつぎへととおっていく。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (10) 国府宮駅前交差点ひがし
(10)

ふみきりをひがしにわたる。はだかおとこのひとたちは、なおいざさをかついでいくほか、ぬのをひきちぎっては沿道のひとたちにくばっていく。ご利益(ごりやく)がありそうだ。ひときれもらう。そうこうするうちに、国府宮神社のとりいのとこまでやってきた。ひだりにまがって、とりいをくぐると参道だ。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (11) とりいまえ
2017.2.9 国府宮はだかまつり (12) とりいまえ
(11)(12)

ここでも、なおいざさをたてて気勢をあげるはだかおとこのひとたち。警備にあたっとる稲沢警察署から「なおいざさをたてたりのぼったりする行為は、まつりの許可条件からはずれるため、やめてください」って、警告の放送がはいる。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (13) とりいまえ
2017.2.9 国府宮はだかまつり (14) とりいまえ
(13)(14)

ふみきりのほうをふりかえると、まんだはだかおとこのひとたちがいっぱいおしよせてくるのがみえる。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (15) とりいまえ 800-450
(15)

なが~い参道をとおったあと、境内にはいっていく。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (16) 境内
2017.2.9 国府宮はだかまつり (17) 境内
2017.2.9 国府宮はだかまつり (18) 境内
(16)(17)(18)

なおいでん(儺追殿)のまえまでいく。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (19) 境内 - なおいざさ
(19)

つぎからつぎへとはだかおとこのひとたちがはいってくる。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (20) 境内
(20)

なおいざさをいきおいをつけてなおいでんのなかにはこびこむ。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (21) 境内
(20)

まんだまんだ、はだかおとこのひとたちははいってくる。

2017.2.9 国府宮はだかまつり (22) 境内
(21)

はだかおとこのひとたちがいっせいに神男(しんおとこ)に殺到するっていう、ようテレビで放送されるばめんはいつおとずれるのか。わからんまま、はだかおとこのひとりからぬのきれをもらったことでよしとして、国府宮神社をあとにする。


(さんこう)