読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

2016年の刑法犯認知件数、戦后最少を更新

ぼうはん

2016年の刑法犯認知件数が100万件をわって、戦后最少を更新した。いいことだ。自主防犯活動の活性化もおおいに寄与しとるっておもう。

  • 刑法犯認知件数:はじめて100万件したまわる - 殺人も最少 - 毎日新聞(川上晃弘さん)|2017年1月19日10時53分
    • 警察庁は2017年1月19日、昨年2016年1年間に全国の警察が把握した刑法犯認知件数は996,204件(前年比9.4%減)で、記録の残る1946年以降、初めて100万件を下回ったと発表した。殺人(未遂を含む)も896件(同4%減)で、戦后最少を記録した2015年よりさらに減った。
    • 刑法犯認知件数は1,599,968件だった1948年以降、横ばいから減少傾向が続き、1973年に1,190,549件まで減った。その後は増加傾向となり、2002年のピーク時には2,853,739件を記録したものの再び減少。2007年には200万件を下回り、2015年は1,098,969件になっていた。
      にほんの刑法犯認知件数の推移 - まいにち
      △ にほんの刑法犯認知件数の推移 - まいにち
    • 人口1,000人当たりの認知件数を示す犯罪率は、1973年に11.0件で底を打った後、2002年には戦后最多の22.4件まで増えた。その后は減り続け、2016年は7.8件と戦后最少を更新した。警察庁は「防犯意識の高まりや、官民あげて犯罪対策を徹底した結果。今后も防犯に努めたい」としている。
    • 2016年の認知件数のうち、重要犯罪をみると強姦(ごうかん)は989件(同15.3%減)、放火は914件(同16.3%減)でともに1,000件を下回った。3桁になったのは強姦は1947年以来、放火は1948年以来となる。
    • 認知件数のうち、7割以上を占める窃盗犯は723,189件で、前年より10.4%減り、全体の認知件数の引き下げにつながった。そのうち、侵入窃盗、自動車盗などの重要窃盗犯は95,311件(同12.2%減)で、統計のある1954年以降、初めて10万件を下回った。
    • 粗暴犯は62,052件(同3.1%減)、風俗犯は10,394件(同5.8%減)。一方、詐欺は40,999件で前年から4%増えた。商品の販売に絡んで買い手をだます売りつけ詐欺(ネットオークションなどを除く)が7,244件で前年より30.1%増えているほか、還付金等詐欺も3,681件で54.9%増えたことなどが原因とみられる。
    • また、2016年の刑法犯の摘発件数220,318件のうち、防犯カメラなどの画像が容疑者特定の決め手になったのは、12,994件に上った。
    • 都道府県別では東京都134,624件大阪府122,139件愛知県70,256件と続く。検挙率は33.8%で2015年より1.3%上がった。

(さんこう)