あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

移住者をつのる時代か

岐阜県への移住がふえたっていう記事をみた。2015年度の岐阜県内への移住者数が、前年度より44.4パーセントましの1,129人になっただげな。いちばんおおいのが愛知県からで、前年度比30.9パーセントましの670人。関東地方からは、前年度比109.2パーセントましの159人。とりわけ関東からの移住者がふえとるだけど、2015年に東京に移住・交流センターを設置したのがきいたのか。ことし2016年4月には大阪と名古屋にも相談拠点をもうけたげな。ちなみに、移住さき市町村の1位は高山市で248人、2位は大垣市で168人。

2015年度の岐阜県内への移住者
△ 2015年度の岐阜県内への移住者

いやー、めでたし、めでたしっていいたいとこだけど、転出超過はつづいとって、2014年10月からの1年間では、転入者よりも転出者が5,360人おおかっただげな。きびしいね。


(さんこう)

  • 県内への移住、過去最多に - 昨年度44%増:岐阜:中日新聞(小野沢健太さん)|2016年5月11日
    • 2015年度の岐阜県内への移住者が前年度比44.4%増の1,129人となり、統計を取り始めた2010年度以降では最多になった。岐阜県が発表した。首都圏での宣伝活動が奏功し、関東地方からの移住が倍増している。
    • 自治体の相談窓口を利用したり、支援策を活用したりして、岐阜県内へ移住した人数を集計。愛知県からが前年度比30.9%増の670人と最も多かったが、関東地方も109.2%増の159人と大幅に増えた。
    • 年令層は30代以下が72%を占めており、子育て世代が目立つ。移住先の市町村は高山市が248人と最も多く、次いで大垣市の168人となっている。
    • 岐阜県は昨年2015年4月、東京都に移住・交流センターを開設。移住のノウハウを伝えるセミナーを月1回開いており、1年間で約500件の相談が寄せられた。今年2016年4月には大阪市名古屋市にも相談拠点を設けた。
    • 古田肇知事は「若い人たちに住みやすさを評価されている。自治体やNPOによる魅力発信の効果が表れてきた」と話している。
    • 一方、県外への転出超過の傾向は変わらず、2014年10月からの1年間では、転入者よりも転出者が5,360人多かった。進学や就職で愛知県へ転出する人が多いという。