読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

燃費不正の三菱自動車が日産の傘下にはいることに

25年間にわたり軽自動車の燃費不正をつづけた三菱自動車。まあだあれも三菱のクルマかわんわっておもったら、普通車の1車種でも燃費不正があったことがわかる。経営者の責任はおもい。会社の存続もありえんわっておもったら、日産の傘下にはいることになったげな。

2016.5.11 記者会見であやまる三菱自動車の相川哲郎社長、益子修会長ら
△ 燃費不正問題の調査状況を国土交通省に報告后、記者会見で謝罪する(てまえから)三菱自動車の相川哲郎社長、益子修会長ら=2016年5月11日午后(かほく)

ちゅうにちのきじから

  • 三菱自動車日産自動車が資本業務提携することで最終調整しとることが2016年5月11日、わかった。日産が2千億円強を投じて三菱自動車の発行ずみかぶしき数の3わり以上を取得し、三菱重工をぬいて筆頭かぶぬしとなるみとおし。三菱自動車は事実上、日産の傘下にはいる。両社の提携が業界再編のよびみずとなる可能性もある。
  • 両社は2016年5月12日にそれぞれとりしまりやくかいをひらき、資本業務提携の交渉いりを決議する。
  • 三菱自動車は燃費のデータ改ざんのえいきょうで、販売台数が急減しており、こんご、きびしい経営かんきょうにおかれるおそれがある。日産の資本をうけいれることで、財務体質を強化するかんがえだ。また外部と提携することでそこなったブランド力を再生するねらいもある。
  • 日産はアジアでの販売でつよみをもつ三菱自動車を傘下にして、グループ力を強化する。
  • 両社は、軽自動車を共同開発しとるけど、提携関係をさらにひろげ、電気自動車燃料電池車など次世代のかんきょう対応車の開発でも連携を視野にいれる。
(ねたもと)
三菱自、日産傘下に - 日産、かぶしき3わり以上取得:一面:中日新聞|2016年5月12日朝刊

◇            ◇

いや、記事にかいてある三菱自動車のブランド力再生はないけどね。


(さんこう)