あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ユニーが夢屋書店からてをひく - 57店舗のうち36店舗

あんじょうでほんやっていやあ夢屋書店だ。桜井のアピタにあって、住吉にあって、福釜のピアゴにある。ほいで、夢屋書店がユニーが経営しとるってのはこんかいはじめてしっただけど、57店舗あるうちの36店舗からてをひいて「みせがし」にするっていう。おんなじユニー系列では、サークルKの消滅、ユーホームからの撤退につぐわるいことがらだ。

ユニー「夢屋書店」を縮小 - 直営6わりを他社に移管
  • ユニーグループ・ホールディングス(愛知県稲沢市)が、書店事業を大幅に縮小する方針を固めたことが分かった。傘下の総合スーパー会社、ユニーが「夢屋書店」の店名で運営する57店舗のうち約6割に当たる36店舗について、現在の直営方式から書籍取り次ぎ大手、日本出版販売(東京)のグループ企業に運営してもらうテナント方式に切り替える。
    夢屋書店アピタあんじょうみなみ店
  • 2016年9月にファミリーマートとの統合を控えるユニーグループは、経営体質の強化に向け事業の見直しを進めている。書店事業の大幅縮小もその一環とみられる。
  • 夢屋書店の1号店は愛知県岡崎市内に1985年に誕生。主にユニーの総合スーパー「アピタ」「ピアゴ」内で書籍やビデオ・CDを販売している。2015年10月に59店舗まで増やしたが、インターネットによる通信販売に押され収益環境は悪化している。
  • 今回見直しの対象となった36店舗は愛知、岐阜、三重、長野、石川、神奈川、埼玉、千葉県などにある。入居企業から賃料を得るテナント方式に2016年5月から8月にかけて切り替える。従業員は継続雇用するものの、夢屋書店の店名は変更される。
  • 残り21店舗のうち19店舗は、ユニーが「夢屋書店」の店名で引き続き直営する。2店舗の対応は現在検討中とみられる。
  • ユニーグループは経営統合に伴い、傘下のコンビニ「サークルKサンクス」をファミマに店名変更する。ホームセンター「ユーホーム事業からの撤退も決め、8店舗をDCMカーマ(愛知県刈谷市)に売却する。さらにアピタ」「ピアゴ」の閉店も検討している。
    ユニー「夢屋書店」を縮小 - 直営6割を他社に移管:一面:中日新聞|2016年3月31日朝刊

いや~、ちゅうにちの記事よむと、さらにアピタピアゴの閉店も検討しとるっていうぞ。中部の衰退をみるのはかなしい。