あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

にほんのクルマってボディー剛性がひくい?

交通安全のことにもたずさわりながらモータージャーナリストでもあるっていう。ほんなめずらしさから興味をもった岩貞るみこさんだけど、ちょっとむかしの記事にこんなのがあった。

【いま一番、乗ってほしいクルマ - 岩貞るみこ】

  • 多くの国産車に欠けているのは、ボディ剛性だと思う。
  • 足元から下が、がしゃがしゃして、いや~な振動が走行中にずっと続くあの感じ。日本人をバカにしてんのか? とすら、思ってしまう。どうせ日本ではチョイ乗りメインだし。どうせ日本人、わかんないし? 国産メーカーからそんな声が聞こえてきそうだ。え? ちがう? めいっぱいやっています? だとしたら、これでよしとする感性を疑う。もしくは技術力?
  • 『ゴルフ』は、そんなケンカを売りたくなるほどボディ剛性がめっちゃくちゃいい。なんという乗り心地。なんという気持ちよさ。長時間乗っていても疲れ方がまったく違う。そしてそれを後ろから支えるようなダウンサイジング・エンジンの燃費のよさ。ちょっとそこまでのつもりが、ワンタンクで800kmいけちゃう。なんという心強さ。遠出が楽しくなり、クルマでどこかへ行く魅力再発見だ。
  • ある意味、ゴルフは新しいクルマの世界を見せてくれたと思う。クルマででかける面白さ。クルマに乗り、プラスαを感じられる世界を広げてくれた。日本のユーザーに、いま一番、乗ってほしいクルマがゴルフ。ゴルフを経験し、ゴルフを体験した人の声が、国産車のボディ剛性の基準を押し上げる起爆剤になることを願っている。
    岩貞るみこさん
(ねたもと)
【COTY 選考コメント】いま一番、乗ってほしいクルマ…岩貞るみこ|レスポンス|2013年11月27日(水) 08時45分

2年まえにゴルフがにほんカーオブザイヤーをかくとくしたときによせた文章だけど、いまだににほんのクルマってこんなにボディー剛性がひくいのかね。


(さんこう)

  • 岩貞るみこ オフィシャルサイト : RUMIKO IWASADA OFFICIAL WEB SITE
    • クルマがだいすき。ひともすき。
    • モータージャーナリストとしていろんなクルマにのっとるうちに、交通事故についてかんがえるようになりました。クルマの安全性はどんどん進化しとるけど、でもさいごはやっぱりつかうひと。ちゃんと運転せんと、クルマは危険なのりもので、ひとをなかせるための凶器にしかなりません。
    • たのしくて便利なはずのクルマをわるものにせんためには、どうせやあいいか。
    • おとなにむけて情報をつたえていくのと同時に、こどものうちにいのちのたいせつさを、まっとかんじてもらえたら、かれらがおとなになったとき、クルマをちゃんとつかってくれるかもしれん。ほうおもうようになりました。
    • モータージャーナリストと、児童書&ノンフィクション作家。まったくべつのしごとにみえますけど、わたしのねっこにあるきもちはおんなじです。
    • これからも好奇心と、おせっかいごころのおもむくままに、このサイトからも、情報発信していきたいっておもいます。ぜひ、あそびにきてください。
  • 岩貞るみこ - Wikipedia