読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

のぞみの防犯教室 - 2016.3.2

きのう2016年3月ふつか、マツバホールでひらかれた婦人会大会の余興のひとつとして、のぞみの防犯教室があった。のぞみってのは愛知県警察の防犯活動専門チームだ。

◇            ◇

はなしの内容はにせでんわさぎへの注意よびかけ。かけこのおとこがむすこをよそおって、おばあさんにでんわをかける。会社のかねをなくしちゃって、たいへん。おばあさんは1千万円を用意して、おとこがさしむけたべつのおとこにおかねをわたしちゃいそうになる。ほんな寸劇のあいまあいまに女性警察官ごとうさんの解説がはいる。

2016.3.2 のぞみの防犯教室 (2) 520-660 2016.3.2 のぞみの防犯教室 (1) 800-450
2016.3.2 のぞみの防犯教室 (3) 780-720
2016.3.2 のぞみの防犯教室 (4) 800-720 2016.3.2 のぞみの防犯教室 (5) 800-720

ごとうさんの解説は絶妙。みずからさいたまの実家にくらすおかあさんにでんわをいれて、だますふり作戦を実践しとるっていう。おとうとになりすまして、たいへんなことになったっていうだけで、こをおもうおやのこころからすぐにこちらのいうことを信用しちゃうっていう。おかねをださせることなんか造作もないって。あまりのみごとなだまされっぷりに、ついわらっちゃって、ほいでうそだってことがばれて、だますふり作戦はおわる。これをなんかいかくりかえすうちにおかあさんのほうも免疫ができたのか、さいきんじゃあかんたんにはだませんくなったとのこと。こういう訓練も有効なだ。


2016.3.2 のぞみの防犯教室 (6) 820-1280 2016.3.2 のぞみの防犯教室 (7) 600-800
2016.3.2 のぞみの防犯教室 (8) 980-720
2016.3.2 のぞみの防犯教室 (9) 980-720
2016.3.2 のぞみの防犯教室 (10) 520-580 2016.3.2 のぞみの防犯教室 (11) 520-720

◇            ◇

(さんこう)