あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

みてきた、都築弥厚特別展

2016年1月16日どようび、あんじょうし歴史博物館に都築弥厚特別展をみてきた。

展示室内さつえい禁止のため、写真はいりぐちのこのふうけいだけ。

20160116_154149 「台地をひらく都築弥厚のゆめ」

午后4時からの展示解説をきいてきただけど、おおざっぱにこんな内容だった。ただし、ききまちがいがあるかもしれんことをおことわりしておく。

  • 都築弥厚の邸宅は本竜寺のにしにあった。きたから3軒ならびに、都築弥厚の邸宅、本家の邸宅、本家の本家の邸宅の順にならんどって、さらにほのにしにも分家の邸宅があった。都築弥厚のいえはたえ、いまもいえがつづいとるのはいちばんにしの分家の邸宅だけ。
  • 中根新田を経営。刈谷藩でかねかしをやったこともある。
  • いえがたえたため、都築弥厚の遺品はすくない。
  • 酒造はちちの代から。江戸にさけをはこんどったこともある。
  • 和楽と号し、俳句作品を多数のこす。石川丈山がすきだった。
  • 1827年、新開用水願書を幕府に提出。弥厚63才。1829年、幕府役人の見分。
  • 1832年、代官による見分。このときは用水もみた。
  • 弥厚の計画は、いまより上流の越戸ダムのへんから取水するものだった。枝下用水と明治用水をあわせたおおきな計画だった。
  • 幕府から許可がでたとしに弥厚なくなる。さあ、借財の返済がたいへん!

(さんこう)