読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

銀座、銀座、銀座

しょくばの慰安旅行1日めのよる、銀座でショーをみた。はとバスのコースにくみこまれとったもんで、ホテルオークラ東京別館で会食したあと、いった。

あめんなか、おかをおりたバスがしばらくいったとこで、とつぜんいくての左右がまばゆくかがやく。ばしょは新橋のガードをくぐってひがしにでたとこだ。まるで高度経済成長かバブルかってかんじだ。こっからが銀座でございますとガイドさん。いやー、はなばなしい! めちゃめちゃかがやいとるわ! いかににほんがおちぶれたとはいえ、くさってもはなの銀座だった。

20151114_185005 銀座

ここでバスをおり、こみちにはいったとこにみせはある。歩道から階段をおりたとこがほのみせで、銀座笑座こんぱるっていうなまえがついとる。うたっておどるのは、むかしおにいさんだったおねえさん。むかしおねえさんだって、おにいさんになったひともおった。出演するおねえさんたちが順番に客席にまわってくる。どんなあやしいまいおどりをみせてくれるのか。

20151114_192324 銀座笑座こんぱる
20151114_192238 銀座笑座こんぱる 20151114_191728 銀座笑座こんぱる 420-640

さて、ショーのはじまり、はじまり。わが席はちょうど舞台にいちばんちかい席で、っていうか席と舞台のあいだにすきまはなく、のばしたてがほのまま舞台のうえにいくっていうちかさで、究極のかぶりつきでみれた。うたう、うたう、うたう。おどる、おどる、おどる。まったくいきつくまもなくうたいおどる。さいしょからさいごまで、めはおどりこさんにくぎづけだ。期待せんでもなかったあやしさはまったくなく、おどりこさんたちがけんめいにうたいおどるようすは、宝塚もこんなふうじゃないかっておもえるほどのもんだ。うつくしくはなやかな舞台にみとれ、あっというまに時間がすぎる。さいごのあいさつをするおどりこさんたちはあせびっしょりで、まるでしあいをおえた運動選手ようなさわやかさにつつまれとった。

20151114_203200 銀座笑座こんぱる
20151114_203255 銀座笑座こんぱる

いちばんきにいったプリンセさんにおひねりをあげて、かえりのバスにのった。

プリンセさん - フェースブックから 720-720
プリンセさんの名刺 - おもて プリンセさんの名刺 - うら

(さんこう)