あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

わたしのふるさと - 北九州市

こんかいのわたしのふるさとは北九州市で、いまは古井町におすまいのかたの紹介だ。

わたしのふるさと北九州市 - 広報あんじょう 2015.9.1号
わたしのふるさと - 北九州市 - 広報あんじょう 2015.9.1
  • 人口は九州第2位の都市
    北九州市は福岡県の北部に位置します。人口は九州の都市では福岡市につぐ第2位。わたしがおったころは、100万人をこえておりました。都会っておもわれるかもしれませんけど、じっさいはうみとやまにかこまれて自然がゆたか。こどものころは市内をながれるかわでおよいだり、さかなをつかまえたりしてあそびました。
  • ことばのちがいにびっくり
    北九州では、したしいなかま同士であいてをよぶときに、「きさま」がなまったことばで「きさん」っていうことばをつかいます。あんじょうのともだちにこのことばをつかったとき、乱暴なよびかたとかんちがいされ、けんかになりそうになったことも。あんじょうにきてまもないころは、ことばのちがいにとまどいました。
  • ぬかみそは家庭のあじ
    たべものはぬかみそが有名です。ぬかどこのある家庭がおおく、わたしもははのてづくりのぬかづけをまいにちたべておりました。いわしやさばなどのあおざかなにぬかみををくわえてにる「ぬかみそだき」も有名。あまからのあじつけは、ごはんとの相性抜群です。
  • なつをいろどる太鼓のねいろ
    なつの風物詩は、小倉祇園太鼓(こくらぎおんだいこ)。だしにすえつけられた太鼓をわかしゅがうちならし、おはやしがまちなかにひびきわたります。こどものころは、勇壮なわかしゅにあこがれました。いまでもなつになると、太鼓のねいろとともにふるさとをおもいだします。
    〔川端剛士(かわばたつよし)さん - 古井町〕