読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

わたしのふるさと - 真庭市(まにわし)

にほん

2015年5月1日号の広報あんじょうで、わがフェースブックともだちでごじぶんのふるさとを紹介してみえた。

わたしのふるさと - 二宗光文さん - 広報あんじょう 2015.5.1
わたしのふるさと - 二宗光文さん - 広報あんじょう 2015.5.1
  • ふるさとはしずかなやまざと
    わたしのふるさとは、岡山県の北中部に位置し、出雲街道のしゅくばまちとしてさかえた真庭市(まにわし)です。しずかなやまざとで、自然と歴史のゆたかなところです。
  • 湯原温泉郷(ゆばらおんせんごう)
    かわにそって、湯原温泉郷が湯原、足(たる)、真賀(まが)温泉とつらなり、湯原には露店のすなゆがあり、温泉客がよくおとずれます。真賀のゆぶねのひとつ「幕湯(まくゆ)」は、5人もはいれば満員で、ふかいためたったまま入浴します。むかしは、とうじばとして利用されておりました。
  • のきしたには個性的な「のれん」
    勝山(かつやま)まちなみ保存地区では、しらかべのふるい商家や民家がつづいております。それぞれののきしたには、個性ゆたかなのれんがかけてあります。自動車修理店はクルマ、さかぐらはおさけなど「のれん」をみるだけでなんのおみせかわかりたのしいです。
  • 四季をつうじてたのしめる蒜山高原(ひるぜんこうげん)
    蒜山高原は、にしにほんを代表するリゾート地で、なつやキャンプやサイクリング、あきはもみじ、ふゆはスキーと四季をつうじてたのしめます。
  • ふるさとのよさを実感
    昨年なくなったちちの介護のため、5年ほどまえからひんぱんにふるさとをおとずれておりました。介護のあいまに時間をみつけては、各地をめぐり、ふるさとのよさをあらためて発見しました。
    さらに、ひとりぐらしのははへの、となりきんじょのひとからのこえかけや、おかずのさしいれなどのみまもりにもたいへん感謝しております。まさにいなかのよさですよね。

今池町、二宗光文(にしゅうみつふみ)さん

◇            ◇

なるほど、真庭市ってようしらんかったけど、温泉あり、まちなみ保存地区あり、リゾート地ありのなかなかよさそうなとこだね(^_^) 鉄道だと山陽線から姫路で分岐する姫新線(きしんせん)の中国勝山駅(ちゅうごくかつやまえき)が真庭市の代表駅になる。けっこうなやまのなかだ。


(さんこう)