あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

たのしんでちょう尾張ことば♪

だれもがじぶんのことばではなす権利がある。おれは三河ことばではなして三河ことばでかくけど、このひとは尾張ことばではなして尾張ことばでかく。

たのしんでちょう尾張ことば - 愛西市の伊藤義文さん

  • 尾張ことば特有のことばやとくちょうをまなぶ講座が2014年9月とおか、一宮市(いちのみやし)木曽川町(きそがわちょう)黒田(くろだ)西町南(にしまちみなみ)の河野善竜寺(かわのぜんりゅうじ)であった。尾張ことばに関する著書がある愛西市(あいさいし)町方町(まちかたちょう)の無職伊藤義文さん69才が、近年きえつつあるっていうなつかしの表現を解説した。
  • 「あそこのおくさんはきみじん(=みぎれい)だで、いつも感心する」。「びんちょろ(=もみあげ)がなげーで、みっともないぎゃあ」。伊藤義文さんは、からだやひとがらに関することばから紹介した。
  • 講座にあつまったのは60代から80代の25人。世代によってききおぼえがあったり、愛西市津島市(つしまし)周辺と一宮市でいいかたがことなることばもあったりと、参加者は尾張ことばのあらたたな一面をたのしんどった。
  • 伊藤義文さんはみぢかなことばを記録せえと、会社員だった1989年、じぶんよりも10才以上としうえのひとや農家からききとりをはじめた。ほの内容をまとめ、1996年に解説集「ザ・尾張弁」、2008年に660語を収録した「精撰 - 尾張弁辞典」を出版した。2012年には増補版もだしたけど、現在は絶版っていう。
    尾張弁辞典がとどきました(大鹿一八さん)
    尾張弁辞典がとどきました(大鹿一八さん)
  • 尾張ことばは卑語がおおいけど、愛着があるです」ってわらう伊藤義文さん。5年ほどまえから、津島市などの高令者施設や高校で尾張ことば講座をひらいとる。「ことばはどんどん変化するものだけど、風化させたくない。おおくのひとに尾張ことばのおもしろさを再認識してもらいたい」ってはなした。
(ねたもと)
たのしんでちょう尾張ことば - 愛西・伊藤さんが一宮で講座:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)(太田理英子さん)|2014年9月12日
〔※ まあはいリンクぎれ〕

(さんこう)