あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

南吉映画「こはくのようなそら」、2015年2月22日あんじょうで、ふうきり

ほういやあ南吉映画つくっとるってはなし、きいたことあるわ。らいねん2015年2月22日、あんじょうし文化センターでふうきりになるげな。うん、みにいかにゃ!
このひは2回公演で、時間は13時と17時10分!

【ちゅうにちのきじから】

  • あんじょうしを舞台に市民有志が製作する映画「琥珀のような空(こはくのようなそら)」のさつえいがおわった。主人公の少女と曽祖母を中心に、ひととひととのつながりのたいせつさをえがいたものがたり。あんじょうしゆかりの童話作家新美南吉(1913年から1943年)をからめたばめんも登場し、芸術性がたかい作品にしあがった。らいねん2015年2月にあんじょうではつの上映会がひらかれる。
  • きょねん2013年はる、市民有志が南吉の生誕100年を記念した映画にむけてプロジェクトチームを発足。脚本と監督を、刈谷市の映像制作会社経営加藤行延さん54才に依頼した。
  • 出演者はあんじょう、刈谷、碧南などにすむ10代から80代の100人。ことし2014年4月にさつえいをはじめた。あんじょう高等女学校(いまのあんじょう高校)の教員時代に南吉が下宿した新田町(しんでんちょう)の大見博昭さん63才かたで、こんげつ2014年12月じゅうよっかにさいごのばめんをさつえいした。
    こはくのようなそら - さつえいげんば(ちゅうにち)
  • 映画の主人公は16才の女子高校生なぎさ。ピアノの才能にあふれとったけど、あるできごとをきっかけにきもちがふさぎこみ、演奏できんくなる。両親はなぎさのきもちをかええと、一家で都会からあんじょうにくらす曽祖母のいえへ転居する。ほこでなぎさは曽祖母が南吉のおしえごだったことをしり、じょじょにあかるさをとりもどすっていうすじがきだ。
  • 主人公を演じた刈谷北高校2年の加藤亜実さんは「さつえいは緊張の連続だった。主人公のなぎさが成長するすがたをみてほしい」ってかたる。監督の加藤行延さんは「てづくりのあたたかみがつたわる映画になったで、おおくのひとにみてほしい」ってはなす。
  • はつの上映会をらいねん2015年2月22日にあんじょうし文化センターでおこなったあと、3月15日に刈谷市産業振興センター、3月28日に半田市のアイプラザ半田で上映する。入場無料。といあわせは加藤行延さんえ。でんわ090-9193-5962。
(ねたもと)
南吉からめて芸術性たかく - あんじょう舞台の映画、来年2月上映会:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)(紙山直泰さん)|2014年12月19日