あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

かわんでええからみにきてや-伊丹西台商店会

伊丹の商店街がおもしろいポスター展、やっとる。

【あさひのきじから】

阪急伊丹駅のにしがわにある「伊丹西台商店会」が、おおて広告会社「電通」と連携し、いっぷうかわったポスター展をはじめた。かいわいの36店の店頭に、わかてコピーライターたちが知恵をしぼった180種類のポスターがならぶ。店主たちは「かわんでええからみにきてや」。らいねん2015年3月ついたちまで。

「遺言はなかったけど、ぎょうざのレシピはのこしてくれた」

f:id:urbietorbi:20141107221541j:plain

2だいめ店長がきりもりする中華料理店では、ほんなポスターがつくられた。

「あなたのいろけが回復すれば、伊丹の景気もきっと回復」

衣料品店のキャッチコピーは、みちゆくひとをくすっとさせる。

伊丹市西台1丁目から5丁目の33店と、周辺のくらもとなど3店が参加。電通がわはコピーライターとデザイナーをふたりひとくみで各店に派遣し、経営者からみせへのおもいいれや商売のこだわりをききとった。1か月ほどかけて図案をねり、1店あたり6枚ほどの作品をしあげた。

商店会はことし2014年1月に発足したばかり。「じぶんたちのまちでもやってほしい」。電通がわに熱意をつたえ、企画が実現した。

地震のまえは活気がありました」。商店会長の甲斐智也さん39才はいう。ボウリング場併設の商業施設が全壊し、あとちがマンションや駐車場になった。あらたなおおがたこうりてんは阪急伊丹駅の反対がわに開業し、ひとのながれがかわった。

甲斐智也さんは「まずはおきゃくさんにあしをむけてもらうことが第一歩。こいでおわりにせんで、つぎにつなげたい」。参加36店をぜんぶまわやあ、景品や各店ごとのサービスがうけれるスタンプラリーも2014年11月ようかから実施する。

◇◇◇ ◇◇◇

なるほど、1995年の神戸地震からこの一帯が衰退しちゃったわけだ。こんかいのポスター展、なかなかおもしろそうだよね。こういったとりくみのつみかさねで、またにぎわいをとりもどしてくれるといいね。

じもとの人間じゃないけど、ちょうどあしたあさってで大坂にいくで、ほのかえりによってみるよ。かわんでもいいで!ってことだしね(^_^)



【さんこう】

兵庫)かわんでええからみにきてや-商店会がポスター展-あさひ(中村尚徳さん)|2014年11月03日03時00分
http://digital.asahi.com/sp/articles/ASGC246B0GC2PIHB008.html

【動画】ユニークなポスターでまちに活気を - 兵庫・伊丹の商店会わかて店主ら|THE PAGE 大阪|2014.11.01 17:00
http://osaka.thepage.jp/detail/20141101-00000015-wordleaf?utm_expid=72375470-20.R0Pqy_MbRfeXQAc6SF7PFQ.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

阪急 伊丹駅 - あきひこ ゆめてつどう|2013/12/09
http://iwase-akihiko.hatenablog.com/entry/2013/12/09/223941