あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

自販機ねらい激減 - 愛知県

バールやドリルでとびらやかぎあなをこわして、なかのおかねをぬすんでくってのが自販機ねらいのてぐちだけど、この自販機ねらいが愛知県では2002年に21,070件もあって、全国最悪だった。このつぎのとし2003年に愛知県としてのぜんたいの犯罪発生件数も225,706件となり、史上最悪を記録する。

愛知県内の自販機ねらい発生件数(ちゅうにち)

こいじゃあいかん!ってことで、全国清涼飲料工業会では「おさつや硬貨の識別機能をたかめ、自販機自体をまっとがんじょうなもんにかえたり、振動を感知して警察へ通報する機能をつけたり」っていう防犯対策をほどこす。ほの結果、愛知県の自販機ねらいも2006年に5,960件と2002年の3わり以下に激減。

さらに、2011年4月からは愛知県自動販売防犯対策協議会も独自の「情報報奨金制度」をはじめる。自販機ねらいの目撃情報を警察に通報し、摘発にむすびつくと1万円の報奨金がでるってことで、制度開始からことし2014年6月までに摘発された30件のうち、10件に報奨金がでとるだげな。この成果もあって、ついにきょねん2013年には愛知県の自販機ねらいは1,172件にまでへった。じつに2002年の18分の1だ。

うん、めでたし、めでたし。


(さんこう)

  • 「地域のめ」もっとも効果的 - - 自販機現金盗と攻防:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)(半田支局・大久保謙司さん)|2014年8月18日 〔ねたもと〕
    • 被害がへるなか、ひをつけるっていうあらたなてぐちがあらわれ、愛知県警生活安全総務課地域安全対策室の大西兼功室長は「窃盗などにとどまらず、自販機からの延焼など重大な被害に発展する可能性もある」ってけねんする。たてもんに延焼せやあ、人命にもかかわり、犯人は窃盗や器物損壊より、はるかにおもいつみがとわれることになる。
    • 愛知県警はメーカーにつりせんぐちの材質をひにつよいもんにするよう要請。コスト面などから、対策の実現までに時間が必要だ。大西兼功室長は「まずは被害を目撃したときは、積極的に通報してほしい」って協力をよびかける。犯罪をよせつけず、被害撲滅のためには、住民による「地域のめ」がもっとも効果的だ。