あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

リニアコライダーって なに?

リニアコライダーっての、つくるのに 1兆円とか おかねが かかるだげな。ほんで、どっか ひとつの くにに つくって みんなで 利用しよまいって いう。で、国際リニアコライダーって わけだ。

きょうの ゆうかんで、「この 国際リニアコライダーの 建設 候補地が 北上 山地 (きたかみ さんち)に きまった」って のっとったね。よう よむと、にほん 国内の 研究者が ここを えらんだだって いう。にほん 政府は まんだ にほんに 誘致するとも きめとらんらしい。

ところで、リニアコライダーって なに?

国際リニアコライダーILC
リニアは 「直線」、コライダーは 「衝突 加速器」の 意味で、電子と 陽電子を 衝突させる 次 世代の 加速器。かたい 岩盤の 地下に ながさ 30キロの 直線 トンネルを つくり、ほの りょうはしから 電子と 陽電子を 発射し、光速 ちかくまで 加速して 衝突させる。ビッグバン 直後の 宇宙の ようすを 再現し、発生する 素粒子を 測定・解析して 宇宙の 起源などの なぞに せまる ことを めざす。

うん、よんでも わからんよね。物質を どんどん 分解してって、これ 以上 分解できんって とこまで 分解した、ちいさい つぶの ことを 素粒子 (そりゅうし)って いって、電子とか 中性子とか 陽電子って いう 種類が あるらしいだけど、この 素粒子を ひかりの スピードにまで 加速して 衝突 させる 設備って ことだ。30キロもの 直線 トンネルを つくらにゃ いかんってさ。

国際リニアコライダーの イメージ図

ほんで なんに なるかって いうと、産業の 役には たたんらしい。ビッグバン 直後の 宇宙の ようすを 再現して、ほの たんじょうの なぞに せまるだげな。

ふ~ん。


(さんこう)