あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

長身 痩躯 (ちょうしん そうく)の 青年

きょうも、通勤 途中に 南吉 モニュメントに よった。こないだの、じぶんが 先生に なった よろこびと とまどいを いいあらわした 南吉の 文章の となりに、先輩 先生が 南吉を はじめて みた ときの 印象を かきしるした 文章が あった。

2013-08-15 08:10 南吉 モニュメント 「戸田紋平 先生の おもいでより」
△ 南吉 モニュメント 「戸田紋平 先生の おもいでより」

1938年の 4月、始業式の 準備で ごったがえして いる 職員室へ、佐治 校長が 案内して きた 長身 痩躯の 青年が あった。いがぐり ぼうず、こい まゆの したに つぶらな ちいさい め、ながい はな、いまにも うごきそうな ぴんと はった おおきな みみが 印象的だった。校長の 紹介に ついで、「よろしく おねがいします」と、ぶっきらぼうに ぴょこりと あたまを さげて、そのまま つったって いた。

これが 南吉、新美正八くんだった。

同僚 戸田紋平 先生の おもいでより

(さんこう)