あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

うつくしさと かなしみと

川端康成 (かわばた やすなり)の 1965年の 作品に 『美しさと哀しみと』ってのが あって、おんなじ としに おんなじ 題名で 映画化されただげなけど、つぎの 写真は ほん なかの シーンだ。


やちぐさ かおるさんと かが まりこさん (あんみつ)
やちぐさ かおるさんと かが まりこさん

もちろん ひだりが やちぐさ かおるさんで みぎが かが まりこさんなだけど、そろいも そろって 絶世の 美女だ。映画の 題名は 「うつくしさと かなしみ」だけど、こや 「うつくしさと うつくしさ」って いう ほか ないね(^_^)