あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

SNSの オープン化? (アハ 120) (あめーば)

ある ブログに、SNSが オープン化する ことで、これから ブログが 衰退して SNSに 移行して いくんじゃ ないか、って いう 記事が ありました。ちょっと 興味ぶかかったんで 以下 おれの 感想を はさんで 紹介します。



ブログからSNS

(1) しかし、彼らロストジェネレーションよりもさらに下の世代は、ブログにそれほどの思い入れを抱いてない。ブログよりもミクシィに親和性を感じていて、「ブログは書いていないけれども、ミクシィの日記は書いてる」という人は少なくない。それを指して「オープンなブログではなく、クローズドなSNSを指向するのは、言論を閉鎖空間に追いやってしまう」という批判もある(私も少し前までそう思っていたし、あちこちでSNSをそう批判した)が、問題はそう単純ではない。

(感想) クローズドな SNSに 閉鎖性を 感じ、オープンな ブログに 移行しようと かんがえた ことも ある。でも、アハの たのしさから さるのは しのびない。



(2) たとえばアーティストの安斎利洋さんは、ミクシィの日記のアクセス制限を「友人まで公開」「友人の友人まで公開」「全体に公開」だけでなく、「インターネットに公開」というオプションも加えるべきだと指摘している。彼は実際、このような試みもしている。私は今夏に出した『フラット革命』(講談社)という本で、安斎さんのミクシィ体験を軸にしてSNS上で言論を展開する可能性について書いた。詳しくは同書を参照していただければと思うけれども、人間関係に紐付けされたソーシャルメディアはオープン化されていけば、言論空間のプラットフォームとしては多くの可能性を秘めている。

(感想) 安斎利洋氏の 意見に 賛成。実際、おおくの 地域SNSでは そう しとる。<eじゃん 掛川まつさか地域SNS(仮称)ひょこむなど> でも、アハの 日記の アクセス制限に 「インターネットに公開」を 追加せよとは 要求しない。それが ないと いう 前提で みなさんも 加入されとる はずだから。おれも それを 承知で 加入しとるんだし。



(3) 最近GoogleOpenSocialのというSNSのプラットフォームを発表して話題になったけれども、これはSNSのオープン化にとって大きなターニングポイントとなる可能性がある。世の中のすべてのデータを可視化し、検索可能にしていくのがGoogleのミッションだが、SNSをオープン化し、人間関係情報やコンテンツを異なるSNS間で共有できるOpenSocialの仕組みは、このミッションを補強するものとなる。それは同時に、オープンな言論空間をSNS世界の中に作り出す可能性を生み出す。

(感想) グーグルは 検索エンジンに ひっかからん ものは このよに 存在せんのと おんなじだと いって おり、当然 グーグルの つくる SNSは オープンな ものに なるだろう。



(4) そう考えると、ブログというプラットフォームが徐々に衰退し、SNSに移っていく可能性は十分に考えられる。特に現在のブログのプラットフォームは、コメント欄のノイズを排除しにくい構造になっており、この問題がブログからSNSへの移行を促すことになるかもしれない。しかしこの方向への進化は、まだこれからだ。

(感想) ブログが コメントランの ノイズを 排除しにくい 構造だ、って いうのは、あかの 他人でも コメントできちゃう、って ことを いっとるんだろうか。ただ、ブログは ブログ、SNSは SNSで いいじゃんか、って 気も する。



(ソース) 自己表現のプラットフォームは移り変わる:佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 - CNET Japan