あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

SNSと プライバシー (アハ 091) (あめーば)


[ 引用 ] SNS『Facebook』、プライバシー問題で批判集中



イギリスの公共テレビ局『Channel 4』が報じたところによると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の『Facebook』が、同国のプライバシー規制当局の調査を受ける可能性があるという。

問題の要点は、こういうことのようだ――ユーザーがFacebookのサイトでプロフィールを削除した後も、Facebookはユーザーのデータすべてを保存し続ける。

そのため、プロフィールがもう無い場合でも、ユーザーの履歴はアーカイブされ、ネットワーク上を漂う可能性がある。プロフィールを完全に消去するには、友人リストからの削除、グループからの脱退などをすべて手動で処理しなければならない。

あまりにも手間がかかるって? 恐らくそうだろう。だがFacebookに登録するさい、ユーザーはそのことに同意しているのだ。利用規約には、次のようにはっきりと書かれている。

(以下略)



SNS『Facebook』、プライバシー問題で批判集中 | WIRED VISION 2007年11月22日,Betsy Schiffman



ぜんぶの 理解は できんけど、「フェースブック」と いう SNSでは、プロフィールを 削除した あとも、「友人リスト」や 「グループ」には 「ユーザーの データ」が のこった ままに なって しまう ようだね。

ほかの ひとの 日記への コメントなんかは、その ひとの 意思で 公開した ものだから 削除される 必要は ないし、ニックネームも のこっとっても いいとは おもう。

「ユーザーの データ」ってのが、住所や 生年月日までをも ふくむのか どうかは わからんけど、そう いう ものが 脱会後も のこっちゃうってのは 個人情報保護法の 観点から すると まずいだらあ。

まあ、こう いう ことが 公共放送で とりあげられるって ことは、それだけ SNSが 生活に はいりこんで きたって ことの あかしだね。