あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

かんりゃんぞ (アハ 044) (あめーば)

かんりゃんぞって? いえ、韓国語じゃ なくって 中国語です。



マージャンパイには、字ハイ(東・南・西・北・白・発・中)の ほか、万子(マンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)の 3種類 あり、それぞれ 1 から 9 まで ある。で、ソーズの 2 の ことを リャンゾと いう(写真 2段めの ひだりから 2番め)。


あがる ときには それぞれ 3枚 ずつ あつめるのが 基本。ならびで あつめるのと、おなじもの みっつ あつめるのと ある。で、ならびで あつめる ときの 最後の 1枚を まつ 待ち方に 3種類 ある。

[ リャンメン待ち ]
たとえば、3 と 4 が 手持ちの とき、2 か 5 が でれば あがりと いう 状態
[ ペンチャン待ち ]
たとえば、8 と 9 が 手持ちの とき、あがりは 7 しか ないと いう 状態
[ カンチャン待ち ]
たとえば、1 と 3 が 手持ちの とき、あがりは 2 しか ないと いう 状態

待ちの なかでは リャンメン待ちが いちばん あがれる 確立が たかい。逆に ペンチャン待ち、カンチャン待ちは あがれる 確立が ひくい。


リャンメン待ちが もっとも おおく、だから、さきほどの リャンメン待ちの 例だと、自分が 5 を きって いるのに 2 で 待つ ことは ない。しかし、カンチャン待ちだと・・・、5 が きって あるのに 2 で 待つ ことに なる。


この ように わざと 5 を きって、2 で 待つ ことを 「ひっかけ」と いう。


とりわけ、ウーソ(ソーズの 5)を きっといて、リャンゾ(ソーズの 2)で まつのが だいすきだ。これが 「かんりゃんぞ」待ち。卑怯と いわれようと なんと いわれようと 「かんりゃんぞ」が すきだ。


もうじき 年に 1度の マージャン大会。「かんりゃんぞ」に うちこんだ ひとの 「やっぱり、かんりゃんぞかぁ。くさいと おもった」の せりふが はやく ききたい。